母乳育児に必要な食事管理、食事制限について詳しく解説するサイト『母乳育児に良い食事』
母乳育児に必要な食事管理、食事制限について詳しく解説するサイト『母乳育児に良い食事』

赤ちゃんにおいしい母乳を飲んでもらうために、また乳腺炎などのトラブルに巻き込まれ
ないためには、母親の食生活の管理が必要となってきます。
脂肪分の多い食事・糖分の多い食事ばかりですと、母乳がべとっとなって詰まりやすく
なってしまいます。
また、中華料理やイタリア料理などの刺激物が多い食事なども母乳に影響が出てしまい、
赤ちゃんが飲むのを嫌がるようになります。
理想的な料理は和食で、味付けの薄い、いわゆる粗食がベストらしいです。
母乳のため食事管理は赤ちゃんが生まれる前から始まります。
このサイトでは母乳育児に関した食事について説明していますので、これから母乳育児
をされる方、または予定のある方は一度お読みになってはいかがでしょうか。

主食

パンや麺類などの小麦製品よりも、ご飯を中心とした食事を食べるようにしましょう。小麦製品はからだを冷やす効果があると言われています。

お餅

昔から母乳を出すためには、カロリーのあるお餅を食べるのが良いと言われてきましたが、現代では当てはまりません。

コーヒー

カフェインの摂取を気にする人がいますが、食後1杯程度なら特に問題ありません。

蛋白源

魚類の中でも脂身の多い青魚よりは脂身の少ない白身魚のほうが好ましく、貝類や小魚類も積極的に食べるようにしましょう。

玄米・雑穀など

玄米や胚芽米は白米と比較しても栄養価の高い食品で、最近は健康のために雑穀を混ぜてご飯を炊く人も増えています。

妊娠中の食事

家系にアレルギー体質の方が多い場合は、妊娠中から予防的に食事制限をした方が良いと考えられています。